Cメジャー/カエルの歌オルタネイト・広範囲の指運

シェアする



低音C(5弦3F)から高音C(1弦20F)まで使った『カエルの合唱』。2音づつのオルタネイトで簡単だが、ハイテンポだと難しくなる。TAB譜の指運で目をつぶって弾ければフレットの位置を体が完全に覚えてる証になる。

Tempo=120 の 16分音符は速すぎて弾けない人は、速度を遅くして弾く練習をしよう。フレットを広範囲で使うのでノイズに注意。

ハ長調(Cメジャー)のフレット位置がわかれば、色んなアレンジができるね!

Tempo=120

DEMO

123の3本弦を使ったスウィープアルペジオ基本型マイナースケール(1)
123弦の三本を使ったスウィープアルペジオの基本型その1。TAB譜はマイナースケール。曲中のワンポイントで使いやすいフレーズ。左手で音をしっかり止め、3フレット音が同時に鳴って重ならないように練習をしよう。

10回弾いたら寝るんだよね?

シェアする

フォローする