123の3本弦を使ったスウィープアルペジオ基本型メジャースケール(1)

123の3本弦を使ったスウィープアルペジオ基本型メジャースケール(1)

123弦の三本を使ったスウィープアルペジオのメジャースケール基本型その1。TAB譜はメジャースケールのアルペジオなので、アドリブなどのワンポイントで使える。3弦と1弦の7フレットの音が同時に鳴ってしまわないように。指を離すだけではなく、その指で弦をミュートするのがコツだが、実際に練習でコツをつかむしかない。

レガート奏法基本プラクティス

レガート奏法基本プラクティス

レガート奏法の基本練習フレーズTAB譜。1回のピッキングでハンマリングとプリングを使い5音弾いて1音ピッキングするパターン。スケールを弾く時は、1弦2音~3音が中心になるのでしっかり練習しよう。運指は前半パターンが人差し指・中指・小指の3本、後半が人差し指・中指・小指。レガートフレーズはこの運指が基本になるので、様々なパターンで応用が利く。

ソロに役立つハンマリングとプリング練習フレーズ

ソロに役立つハンマリングとプリング練習フレーズ

ハンマリング&プリング練習フレーズTAB譜。一小節目は3弦と4弦、二小節目は2弦と3弦。左手の指は人差し指と小指しか使っていないフレーズだが、ハンマリング&プリングの基本的な動きなのでしっかりと練習しよう。 ただ弾くだけなら簡単なフレーズだが、8分音符と16分音符の混合フレーズなので、リズムキープに気を付けよう。